LED照明

LED照明が家電量販店などで市販されるようになって久しいですが、
当初は値段が高くて費用対効果に疑問を持つ人もいたと思います。
しかし最近は値段も安くなってきて一般家庭においても導入が進んでいるようです。

2011年1月現在で標準的な電球型E26口金のもので1500円〜3000円といったところです。
1000円以下の激安品もあるようですが、購入するときには照度が十分か、ちらつきがないかと
いった点に注意する必要があります。

過去の事例として、低価格のLED電球を購入したところ、ちらつきが酷くて気分が悪くなるという
事態が発生して結局ちらつきの少ない製品に買い替えたということが報告されています。

安くて性能も良ければ言うことなしですが、世の中そんなに都合の良いこともないものですので
できるだけ信頼のおけるメーカーのものを購入するのが無難と思います。

LED電球は長寿命、低消費電力をうたい文句にしていますが、白熱電球(40W)と比べると次のようになります。
寿命(1日10時間点灯の場合):白熱電球=3.4か月  LED電球=10年
消費電力:白熱電球=36W  LED電球=7.5W
電気代(1日10時間点灯の場合):白熱電球=年間2890円  LED電球=年間600円

以上のことからLED電球に切り替えることで十分な費用対効果が得られることが分かります。
posted by 暮らしの情報 at 22:51 | 節約

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。