災害時の備え(ヘルメット・防災頭巾)

災害時に避難する際に必要なものとしては非常食、飲料水、懐中電灯、ラジオ、軍手などがありますが頭部を守るために防災頭巾やヘルメットも必需品と言って良いでしょう。

防災頭巾は厚手の布で綿などクッション性のあるものを詰めたものが良いです。ヘルメットに比べて防御性能は落ちますが普通の帽子よりははるかに安全性が高く、普段何もない平時に保管しておくのに場所もあまりとらないのが利点です。

ヘルメットは防災頭巾に比べて防御性能は高いのですが、かさばるのが難点です。収納場所に余裕のあるお宅なら問題ないのですが、家族が多かったりするとなおさら収納場所が問題となります。

最近、この問題に対しての解決策の一つとして折り畳み式のヘルメットが開発されました。素材は樹脂製で一般的なヘルメットに比べて強度は落ちますが防災頭巾よりは固いものが当たっても大丈夫なように強度を持たせてあります。

畳んだ状態では防災頭巾と同じくらいの大きさになるので、収納場所にも困りません。防災用品を扱っている店では一般的に売られているので興味のある方は見てみてください。
posted by 暮らしの情報 at 22:14 | 暮らしの安全
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。