災害時のトイレ対策

多くの人は災害時の備えとして水や食料と答えると思いますが、人間生きている以上必ずトイレの問題が発生します。災害でライフラインが寸断されて、もちろん水道が使えないとなった場合、水洗トイレは機能しなくなります。

こんな時、簡易トイレがあれば助かりますが、簡易トイレと一口に言っても色々なものがあります。中には災害時の環境下では使用に堪えないものもあります。用を足した後の汚物の処理は自宅のトイレが機能していないとできないといった問題をかかえたものもあります。

災害時のことを考えて選ぶポイントとしては水道が使えないということをまず想定します。そうすると汚物はパック式の使い捨てバッグで固化剤により処理する形のものが最も適していると思われます。また、この使い捨てバッグは家族の人数分で3日分用意しておくのがよいと考えられます。

防災商品関連のサイトにこうしたものがありますので興味のある方はのぞいてみてはいかがでしょうか何事も備えあれば憂いなしです。
posted by 暮らしの情報 at 00:49 | 暮らしの安全
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。