不要になった家電品の処分は

廃棄物に関する法律の強化や、自治体の条令により簡単にゴミを捨てることができなくなってきました。

一般ゴミは分別方法に注意していれば問題ないのですが、不要になった家電品は簡単に捨てることができません。以前だと月1〜2回こうした不要家電品を回収してもらえてましたが、現在は有料で指定業者に引き取ってもらわなければいけません。

家庭では不要な家電品でもこれを回収して資源化する業者があります。こうした業者は普通の廃棄業者とは違い、回収した不要家電品を再資源として利用するので廃棄費用などを徴収することはありません。

つまり無料で引き取ってくれるということです。冷蔵庫・洗濯機・旧型の電子レンジなど引き取り不可能なものもありますがそれ以外の一般家電は引き取ってくれます。

手数料が取られた上に最終的に処分場に埋め立てられてしまうよりは無料で引き取ってもらえ、再資源化して有効利用してもらえる方が環境にとっても良いことだと思います。
posted by 暮らしの情報 at 09:00 | 生活の知恵
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。