シュレッダーで個人情報漏洩防止を

個人情報を悪用しての犯罪、迷惑行為が時々報道されますが、自分の身近でもそういった話を聞くことが珍しくありません。

企業での情報漏洩の取り組みは大分本腰を入れて実施されているようですが、各家庭ではどうでしょうか。

個人に届く請求書、ダイレクトメールなどには個人の情報が多く含まれています。こうした書類を不用意にゴミとして出してしまうと、そこから情報が漏洩する危険があります。

こうした危険に対する防衛策として最もポピュラーなのがシュレッダーです。書類を細かく裁断して判読困難な状態にします。

中にはCDやクレジットカードを裁断できるものもあります。お勧めなのはホチキスをしたままの書類を裁断できるタイプです。少々割高ですがこの機能があると利便性がかなり向上します。

それぞれのニーズに合わせて最も適した機種を選ぶと良いと思います。
posted by 暮らしの情報 at 20:10 | 暮らしの安全
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。