アスタキサンチンで疲労回復

長時間のランニングなどの運動をすると乳酸などの疲労物質が蓄積されて筋肉だけでなく循環器などの障害の原因になるともいわれています。

この問題を解決するにはビタミンC、E、ベータカロテン、リコピンといった栄養素の補給と共に高い抗酸化能力を持つアスタキサンチンがとても有効であることがわかってきました。

アスタキサンチンを日常的に摂取することで筋肉を酸化によるダメージから守り、同時に疲れにくい状態を作り出します。

またエネルギー代謝も改善されることで肥満になりにくい体を作ることができます。

疲労回復物質として従来はビタミンEが挙げられていましたがアスタキサンチンはそのビタミンEの約1000倍の疲労回復効果を持つといわれています。

アスタキサンチンは疲労した後の摂取よりも疲労前に摂取するほうが効果が高いことも分かっていて、日常の継続的な摂取がより効果的と言えます。

posted by 暮らしの情報 at 03:20 | 健康管理
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。