ハザードマップから対策を検討しましょう

昨今ゲリラ豪雨など温暖化によると思われる気象変動が発生しています。自分の住んでいるところは災害に対して安全なのか心配な方も少なくないと思います。

堤防のすぐそばや低い土地、急な斜面が後背地になっているなど危険と思われる地形はいくつか考えられると思いますが素人では判断が難しいケースも多くあります。

災害に対しては多くの自治体がハザードマップを作成しています。これは専門家が分析検討して作成した災害予測図ともいえるものです。自分の住んでいる場所をこのハザードマップに照らして洪水が発生した場合、床上浸水、床下浸水、または浸水の心配がない等の判断をすることができます。

また避難場所がどこなのかも記されているので災害時に備えるためにはハザードマップはなくてならないものといえます。

洪水の他にも土砂災害の危険について作成されたものもあります。これは大雨の他、地震の際にも山崩れなどの危険を知る手がかりとなります。

地震そのものの発生予測はまだ知られていない断層も数多くあり、日本の国土自体が地震断層の巣ともいえる状況であるため正確な予測はできないのが現状です。

災害時に自分の身を守るのは何といっても自分自身の防災意識に他なりません。対岸の火事などとは考えずに是非日頃の対策を実施してください。
posted by 暮らしの情報 at 18:13 | 暮らしの安全
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。