自己投資で自身の価値を高めましょう

あなたは自分に何か投資をしていますか?と聞かれて即座に「はい」と答えられるでしょうか。日々漫然とした生活を送っていたり、遊興に浪費してはいないでしょうか。

昨今不況と言われる中で個人の資質がより重要視されているように思います。サラリーマンにしろ自営業者にしろ毎月ある程度固定的な収入を得て日々の生活を送っていると思います。その限られた収入をどのように使うかが重要です。

お金の使い道は大きく3つに分けられます。消費、浪費、そして投資です。皆さんは費用対効果という言葉を聞いたことがあるでしょうか。ビジネスの世界でよく使われる言葉ですが、個人の生活にもこれがあてはまります。使ったお金に対してどれだけの効果が得られるかということです。

先に挙げた3つのお金の使い道で「消費」は払った額と同じ価値を得る。「浪費」は払った額以下の価値しか得られない。「投資」は払った額以上の価値を得る。と定義できます。

ここで言う自分への投資とは具体的に言うと知識を得るために勉強をしたり、健康のためにトレーニングしたりという行動です。決して株取引とかではありません。

消費とは光熱費、交通費、食費、家賃などといった日々の生活費のことです。そして浪費とは暇つぶしの娯楽、あまり意味のない飲み会、不必要なものを衝動買いするなどといったものです。

消費と浪費だけで収入を全て使い果たしてしまうという人も多いと思いますが、少し工夫することで消費と浪費を抑えることができます。飲み会は浪費と言いましたが、単なる愚痴を言い合うだけなら無駄な時間になりますが、人脈作りが目的であれば一転して投資となるわけです。

自分の知識を高めるために有益な本を読んだり、セミナーに参加するというのも大変良い自己投資となります。また、自分の目標を決めればより効果的な自己投資ができるでしょうし、早期に投資効果が現れるはずです。

高度経済成長期にはみんなが横並びでいることが良しとされましたが、今の時代は自分の能力をいかに他よりも高めるか、またアピールできるかが重要なのです。ただ、一切遊びをしないというのは嫌な人間になってしまうのでほどほどの浪費も必要かと・・・・




posted by 暮らしの情報 at 22:13 | 生活の知恵
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。