デジタルカメラ(手ぶれ補正について)

最近のデジタルカメラには手ぶれ補正という機能が付いているものが多くみられます。手ぶれ補正の方式は大きく2つに分けられます。1つは光学式、もう1つはイメージセンサシフト式です。

光学式というのは数枚で構成されるレンズの一部を動かすことで光路を変化させるものです。手ぶれの動きを検知してぶれの方向と逆にレンズをシフトすることでイメージセンサに到達する光路がずれないように制御します。メリットとしては一眼レフの光学ファインダーでもぶれ補正され被写体の視認性が良くなる効果があります。

イメージセンサシフト式はレンズは動きませんが画像を受け取るイメージセンサ自体を動かしてぶれを補正するという方式です。この方式ですとレンズ側にぶれ補正機構を設けなくて良いので一眼レフではぶれ補正機能を持たないレンズを装着してもぶれ補正できるというメリットがあります。

ただし、手ぶれ補正と言ってもどんな手ぶれでも補正できるわけではありません。あくまでも補助的な機能であることを認識し、手ぶれしないためにはカメラをしっかりとホールドすることとISO感度を上げてシャッタースピードを確保するなど基本的な手ぶれ対策を意識することが良い作品に仕上げるには必要です。
posted by 暮らしの情報 at 06:51 | 生活家電
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。