フットケアで足の疲れから開放

長時間歩くと足が痛くなったり、ふくらはぎのあたりに疲労感を覚えたりという経験はないでしょうか。靴のサイズが合わないとこのようなことになるのは当然ですが、靴の縦のサイズや横幅が自分の足に合っていても何かしっくりこないという場合はアーチの問題かもしれません。

人間の足の裏は全面が地面に接するようにはなっていません。土踏まずという地面に接しない部分があることは誰でも知っていると思いますが、市販されている靴の多くはこのことがあまり考慮されていません。

靴を選ぶときにはその靴が足裏のアーチについて考えて製造されたものかどうかをチェックしましょう。最近は各靴メーカーにおいて医学的見地から疲れにくい構造の靴を開発するようになってきました。

靴のインソールの部分が足裏のアーチを理想的な形に保つようになっていれば長時間歩いても疲れにくく、また歩く姿勢も自然と背筋が伸びた美しいものになります。女性に多くみられるO脚は不適切な靴を履いていることが要因で起きているものも少なくないようです。

健康を維持するには特別な運動をするよりも日常的に歩いたりすることが最も効果的だという研究結果も出ています。そのためにも歩きやすい靴というのはとても重要なものですので靴を選ぶ際にはその点に注意を払っていただきたいと思います。
posted by 暮らしの情報 at 10:03 | 健康管理
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。