USBメモリのセキュリティ

ほとんどの家庭にパソコンが普及しています。コンピュータウイルスやスパイウェア等の脅威から守るためにウィルス対策ソフトを導入するのは常識となっていると思います。

しかしUSBメモリはどうでしょうか?簡単にデータを持ち運べるUSBメモリは大変便利なものですが、企業では対策がされていても個人レベルではまだまだという状況ではないでしょうか。

そこで紹介したいのがウィルスチェック機能や暗号化機能を搭載したUSBメモリです。これにデータを保存すれば誤ってウィルスに感染したり、USBメモリを紛失したり盗難にあったとしても情報流出の心配がありません。

情報漏えいなど、企業レベルの話だとか他人ごとに思っていると、明日は我が身ということもありますよ。転ばぬ先の杖と考え、検討してはいかがでしょうか。

posted by 暮らしの情報 at 08:27 | 暮らしの安全
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。