PC用スピーカー

パソコンの販売台数が頭打ちとなっているのに対して、2010年のPC用スピーカー販売台数は各月とも前年比105〜120%と売り上げを伸ばしているようです。

この業界に詳しい人の話によると、CDやDVDのコンテンツをパソコンで楽しむ人が増えたこと。また、インターネットの動画を楽しむ人も増加しているためと分析しています。

パソコンには最初からスピーカーが内蔵されていたり、外付けのスピーカーが付属していたりしますが、いずれも本格的な音響環境を提供してくれるとは言い難いのが現実ではないでしょうか。

そうした時にいい音を聞きたいと思ったら、本格的なPC用スピーカーという選択肢になると思います。量販店に行くとPC用スピーカーコーナーには様々デザイン、価格帯のものが数多く並んでいます。

今の環境での音質に満足してない方は、PC用スピーカーの購入というのを考えてみてはいかがでしょうか。
posted by 暮らしの情報 at 08:48 | 生活家電
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。