バーチカルタイプ手帳

世の中には様々な種類の手帳があります。自分でこれだと決めて長年同じタイプの手帳を使い続けている人もいるでしょうが、毎年どの手帳が一番使いやすいのかと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

1ページが1日分になっていたり、見開きで1週間になっているものがあったりします。一番多いのは後者の見開きで1週間分になっているものでしょうか。人それぞれ仕事の内容やライフスタイルが違いますから一概にこれが良いと断言できるものではありませんが、スケジュールを書き込んで管理するにはバーチカルタイプがお勧めです。

多くの手帳(またはダイヤリー帳)は左から右へ水平方向に時間軸がとってありますが、バーチカルタイプはその名の通り上から下へ垂直方向に時間軸がとってあります。水平方向になっているものは予定が30分刻みとか細かく分かれると段を下にずらして記入しなければならず場合によっては書き込むスペースがなくなることもあります。また、こうやって書き込むとどの時間が空いているのかパッと見たときに非常に分かりずらいという状況になります。

しかし垂直方向に時間軸があるタイプだと対象の時間軸のところにぴったり書き込め、空き時間なども一目で分かります。
もし、前述のようなことで困った経験をお持ちの方はバーチカルタイプの手帳(ダイヤリー帳)を使ってみてください。スケジュール管理が楽しくなること請け合いです。
posted by 暮らしの情報 at 23:52 | ビジネス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。