アクアブロックで水害対策

最近の異常気象による大雨や洪水で床上、床下浸水の被害が以前に比べ増えています。
こうした水害に対しては土嚢を積んで対処する方法が知られていますが、この土嚢を用意するというのは結構大変なことです。

一般的な土嚢袋に土を詰め込むと約20kgの重さになります。これを人力で積んでいくのはかなり大変です。
そもそも袋に詰める土の確保が問題です。特に都市部ではアスファルトやコンクリートで舗装され、土の確保が思うようになりません。

以上の問題を解決するのがアクアブロックという製品です。これは使用前は重さたったの400gの麻袋なのですが、水を吸収すると重さ20kgの土嚢に早変わりするのです。(土が入っていないので正確には土嚢と言わないでしょうが・・・)
土と違って水ならば手軽に手に入りますし、実際水が押し寄せている場所へ放り込めば、わざわざ水道水を使用することもない訳です。

価格は20枚入りで25,000円程度ですが、未使用時は厚さ2mmの状態なので保管場所もあまりとりません。
度々水害にあうような地域に住んでいる方や、そういった場所で事業をされている方は一考の価値ありと思います。
posted by 暮らしの情報 at 20:41 | 暮らしの安全
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。