米の保存方法

皆さんはお米をどのように保存しているでしょうか。米を少量ずつ購入して、都度都度消費していれば特に保存方法にこだわる必要はないと思いますが、大量の米を長期間かけて消費していく場合には保存方法に気を付けなければいけません。

米は酸化すると味が落ちてしまいます。まずは空気に触れないことが重要です。
この問題に対して私がお勧めするのはネルパックという商品です。これはハイバリア袋という空気を抜く機能が付いた気密性の高い袋と脱酸素剤(エージレス)がセットになった物です。これを使って保存すれば鮮度を保ったまま長期間保存が可能となります。

また、米の鮮度を保つという効果のほかに、無酸素状態にすることでコクゾウムシなどの害虫の発生を防いだり、カビの発生を防いだりという副次的な効果も生まれます。

空気に触れる状態で普通に保存した米は1年などと長期間がたつと、いわゆる古米という状態になって風味が損なわれます。
炊くときに工夫することで古米でもある程度おいしく炊きあげることができますが、ネルパックを使えば長期間保存しても鮮度を保っておいしく炊きあげることができます。
posted by 暮らしの情報 at 21:16 | 料理・キッチン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。