みかんに骨粗しょう症予防効果

最近、農研機構が発表したところによると、みかんに骨粗しょう症に対する予防効果があることが示されました。
みかんに多く含まれる「β−クリプトキサンチン」に骨密度を維持する働きがあることが分かったためです。

特に閉経後の女性は骨粗しょう症のリスクが高いと言われているので、そのような方々にとって有効と思われます。
ただ、この研究結果について言葉通りに受け取ると、骨密度の維持ということなのであくまでも予防ということと考えられます。

骨粗しょう症が発症してからでは進行を遅らせることはできても治癒には至らないと言うことです。
ですから普段の運動、特に歩行など日常生活での運動で骨に適度なストレスを与え続けることが重要です。
その上でみかんを食べることで予防につながるということです。
posted by 暮らしの情報 at 10:04 | 健康管理
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。