耐震壁で地震に備える

日本の木造建築で一番多いのは軸組という工法です。これは柱と梁で構成され。耐震性を高めるために筋交いを入れます。

耐震性を高めるために建築基準が度々改正されてきました。現在の基準に適合するために、筋交いを入れるほかに更に耐震金物を使って強度を高めるのが一般的な方法です。

軸組工法は柱と梁で建物の構造を支えるのですが、これに対して柱を使わず壁で建物の構造を支える工法があります。俗に2x4と呼ばれるものです。

2x4は柱がないため広い空間を作り出せるのが特徴ですが、強度を保つためには壁に大きな開口部を設けることができないのが欠点です。

こうした2つの工法のいいとこ取りをしたのが軸組工法に構造用合板を組み合わせた方式です。軸組で構成された柱に構造用合板を組み合わせることで耐震壁となってとても高い強度を発揮します。

これは既存の軸組工法でたてた住居にも比較的簡単に応用できるので、耐震補強の有効な手段になります。

地震の多い国に暮らしている以上、住宅の耐震性には十分すぎるほど注意を払う必要があると思います。備えあれば憂いなしです。
posted by 暮らしの情報 at 00:14 | 暮らしの安全
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。