タマネギを切るときのコツ

タマネギを切ると目にしみて辛い思いをする方も多いのではないでしょうか。

タマネギを切るとタマネギに含まれる刺激成分が気化して、それが目にしみて痛くなるわけです。

タマネギはあらかじめ冷蔵庫で冷やしておくと切ったときに刺激成分が気化しにくくなり、ある程度の改善効果があるようです。ただし、完全に目にしみないようにはできないようです。

目をぴっちり覆うようなゴーグルや水中めがねを着用すると効果は大きいです。ただ、ゴーグルをして調理をすることに抵抗を感じる方もいるかも・・・

結構効果があるのはよく切れる包丁を使うというものです。切れ味の悪い包丁を使うとタマネギの組織をつぶしてしまい、その結果刺激成分が多く出てしまいます。これに対して切れ味の良い包丁を使うと組織がつぶれず、刺激成分もあまり出てきません。

タマネギは様々な料理に欠かせない野菜です。快適な調理でたくさん食べて健康維持に努めましょう。
posted by 暮らしの情報 at 07:06 | 料理・キッチン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。