包丁の選び方

ほとんどの家庭料理は牛刀または三徳包丁が一本あれば事足ります。包丁の素材は鋼が切れ味の点では一番なのですが、錆びやすいので手入れが大変です。毎日の手入れが簡単なものとしてはステンレス製の包丁が初心者向きと言えます。

まず包丁を買うときには、刃の部分に傷や曲がりがないかよく確かめましょう。切れ味が悪いと使いにくいだけではなく、ケガにもつながり危険です。もし手にとって確かめられるなら自分の手になじむか、重さはどうかを確かめます。特にこの重さは重要です。重さが切れ味に影響しますので、少し重いと感じる包丁を選ぶのが良いです。

セラミック製の包丁もありますがこちらは刃が欠けてしまうと研ぐことが難しいのであまりお勧めしません。切れ味を追求するなら鋼、手入れが簡単で切れ味もまあまあなステンレス。どちらも刃がなまったら研いで切れ味を保つことができるので、長く使うには鋼かステンレス製がお勧めです。

最初に牛刀か三徳包丁と言いましたが、この二つはどちらも同じ用途のもので、牛刀は万能の洋包丁、三徳包丁は万能の和包丁です。またこのいずれかの一本があれば事足りると言いましたが、あえてもう一本用意するとしたらペティナイフでしょうか。フルーツの皮むきなどには重宝すると思います。
posted by 暮らしの情報 at 22:24 | 料理・キッチン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。