包丁の手入れについて

家庭で使われる包丁は錆びないステンレス製のものが多いと思いますが、切れ味を保つには定期的な手入れが必要です。

まずは日々の手入れですが、ひとつの材料を切り終えたらその都度水洗いします。その日の終わりにはまな板の上に包丁を平に置いてクレンザーで磨くことをお勧めします。

切れ味を維持するためには1週間に一度は研ぐ必要があります。砥石で研ぐのが苦手という方は簡易とぎ器を使うと良いです。溝に挟んで手前に引くだけで適度に研げるようになっています。

また、包丁を保管するときは必ず水気を拭き取ってください。ステンレスは錆びないからと油断しないでください。ステンレスは空気と触れることで皮膜を形成して錆を防いでいます。水気があって他の金属と密着して空気に触れなくなるとそこから錆びることがあります。

毎日の手入れを怠らずに常に切れ味の良い包丁を気持ちよく使いたいものですね。
posted by 暮らしの情報 at 12:16 | 料理・キッチン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。