ガラス・アラーム

空き巣の手口として多いのが窓ガラスを破っての侵入です。これに対して窓ガラスを割られにくくする防犯ガラスという物がありますが、完全に防ぐことはできません。

回りが高い塀で囲まれているような家の場合、犯人は時間が余計にかかっても窓ガラスを破って侵入してしまう恐れがあります。

こういった問題に効果が高いと思われるのがガラス・アラームです。
これはガラス窓の内側に貼り付けておくもので、ガラスが割られるとその特有の音波を検出して大音量のアラームを鳴らします。

このアラーム音は近隣の家にも聞こえますから、犯人は驚いて逃走するということになります。先ほどの防犯ガラスと併用すると更に高い効果を発揮すると思います。

1個のガラス・アラーム装置で2m四方の窓に対応できます。またガラスが割れる音以外の周波数には反応しないようになっているので、誤作動による警報というのも心配ありません。
posted by 暮らしの情報 at 07:06 | 暮らしの安全
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。