効果的なシャンプーの方法

日頃皆さんはシャンプーをしていると思います。お風呂に入ったときとか、朝シャンとか・・・

「シャンプー」=「髪を洗う」と考えている方も多いと思います。確かにその目的は正しいのですが、シャンプーには頭皮の汚れを落とすことと頭皮をマッサージするという目的もあるのです。

なぜ頭皮をマッサージする必要があるのかというと、血流を良くすることが最も大きな目的です。頭皮の血流が悪いと薄毛の原因となることが知られています。

シャンプーの方法ですが、最初はブラッシングで頭皮のフケや髪の表面の汚れを浮かせておきます。またクレンジングオイルで毛穴に詰まった皮脂などを溶かして浮かせることも効果的です。ただ、このクレンジングオイルをお持ちでない方も多いと思いますので、これを省略した場合は髪全体を良く濡らしてからシャンプーに入りましょう。

シャンプーは2度洗いが基本です。1回目はシャンプー剤を手のひらに500円玉位の量をとり、泡立てながら髪全体に伸ばして、生え際から頭頂部の方向へ、下から上へ指を動かすように洗っていきます。

2回目のシャンプーは100円玉位の量のシャンプー剤を使用します。2回目はマッサージが目的です。指先で頭皮を押さえて頭皮を動かすように洗います。

最後にシャンプー剤が残らないようにしっかりとすすぎます。シャンプー剤は頭皮や髪と同じ性質の弱酸性のものを選ぶようにすると良いでしょう。
posted by 暮らしの情報 at 12:10 | 生活の知恵
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。