焦げ付かないフライパン

焦げ付かないフライパン。いわゆるフッ素加工したフライパンは今やあたりまえで珍しくもありません。多くの方が家庭で使っているのではないでしょうか。

しかしこのフッ素加工、長期間使っているうちに効果が落ちてきます。多くの人は製品の寿命でしかたないと思って、新しいフライパンに買い換えているのが現状だと思います。

フッ素コーティングは焦げ付きを防ぐ効果がありますが、熱にあまり強くないのです。火にかけるフライパンにフッ素コーティングというのがそもそもあまり適切とは言えないのです。

この問題に対しての回答の一つが「セラミック・コーティング」です。ご存知の通りセラミックは熱に非常に強い素材です。スペースシャトルの耐熱タイルに使われていることからもその効果が分かると思います。

今までは金属のフライパンにこのセラミックをコーティングする技術が難しかったのですが、最近のナノテクノロジーの進歩によって可能になりました。

現在、「リバーライト」というメーカーで商品名「ナノセラ」、「ナノセラファイン」として販売されています。長期間使用してもコーティングの劣化が少なく、長くお使いいただけます。
posted by 暮らしの情報 at 08:23 | 料理・キッチン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。