牡蠣の栄養価について

牡蠣はとても栄養価に富んだ食物の一つです。良質なタンパク源となり消化吸収も非常に良いことから子供やお年寄りにも安心して召し上がっていただけるものだと思います。

牡蠣に含まれている亜鉛には高い抗酸化作用があり、風邪の予防はもちろんのこと、種々の生活習慣病の予防にも効果を発揮します。

また鉄分も多く含んでいて貧血の予防にも適しています。ちなみに栄養のバランスが良くとれている食品である卵に比べて約2倍の鉄分を含んでいます。

牡蠣については時々貝毒の問題が取り上げられますが、これは有毒なプランクトンを食べた牡蠣が貝毒を持つようなるものです。牡蠣の生産業者はこの問題が起きると自信の死活問題となるため、厳重な検査態勢をとっています。ですから一般的な業者を通じての流通ルートで購入した場合は貝毒のリスクはきわめて低いと言えます。

とても栄養価に富んだ牡蠣を食卓に出す機会を増やして健康で豊かな生活を送りたいものですね。
posted by 暮らしの情報 at 09:26 | 健康管理

黒にんにく

black_ninniku.jpgにんにくは風邪の予防などによく利用されます。またその他、体の免疫力を高める働きがあるとされています。

このにんにくを更に発酵、熟成させたものが黒にんにくです。文字通り黒い色をしています。約1か月かけて熟成させます。黒にんにくは普通のにんにくに比べ、にんにく独特のにおいは少なく、味は甘酸っぱい果物のような味になります。

また、黒にんにくの最大の特徴は栄養価が普通のにんにくの数倍になることです。特にサポニンという成分は10倍以上になります。

サポニンは血液中のコレステロールを除去したり、脂質を低下させたりする働きがあります。その他の栄養素も通常のにんにくに比べ2倍以上に増えるようです。

スーパーや八百屋などではなかなか手に入りません。インターネットで健康関連のサイトから購入できると思いますので検索してみて下さい。
posted by 暮らしの情報 at 02:53 | 健康管理

にきび対策

若い方を中心ににきびにお悩みの方が多いと思いますが、にきびと言うと夏場、汗を多くかく時期に多いと思いがちですが、秋、冬の乾燥した時期にもケアが必要なのです。

にきびは皮脂が毛穴に詰まることが主な原因ですが、秋や冬の乾燥した時期には乾燥して劣化した肌の角質が毛穴を塞ぐことで引き起こされます。

これに対しては保湿剤で肌をケアすることが効果的です。肌がカサカサにならなければ劣化した角質が毛穴を塞ぐことがなくなります。

保湿剤が入った化粧水などを使用すれば良いのですが、こうした乾燥時のにきび対策用の専用商品も売られているようなので、こちらを使えばより大きな効果が得られると思います。
posted by 暮らしの情報 at 10:53 | 健康管理

睡眠後も疲れが取れない方に(グリシン)

睡眠時間は十分に取っているのに疲れが十分に取れないという方はおりませんでしょうか。現代においてこういう方が増えているようです。

ストレス社会と言われて久しいですが、不規則な生活によって睡眠時間は十分なつもりでも眠りが浅かったりで満足な休息が得られてないのです。

こうした休息を助けるアミノ酸が「グリシン」です。グリシンはエビ、ホタテに多く含まれていますが、毎日食べ続けるのは難しいものです。グリシンのサプリメントがドラッグストア等で売られていますのでこちらを利用するのが手軽で効果的だと思います。

運動や栄養補給も大事ですが、体を休めることもとても大事な要素です。今の世の中、どうしても不規則な生活になりがちです。どうしても疲れが取れないと感じている方は一度このグリシンを試してみてはいかがでしょうか。
posted by 暮らしの情報 at 06:24 | 健康管理

ヒアルロン酸で肌のアンチエイジングを

人の肌を構成する物質としてはコラーゲンが有名ですが、このコラーゲンを守る物質としてヒアルロン酸がとても重要な働きをします。

ヒアルロン酸は非常に高い保湿効果を持っていて、コラーゲンを保湿することによって肌の潤いを保っているのです。

ですからコラーゲンをたくさん摂取してもヒアルロン酸が不足しているとコラーゲンは次から次へと壊れていってしまいます。

肌にとってコラーゲンも重要ですがヒアルロン酸があってこそのことなのです。

最近はこのヒアルロン酸がかなり注目されてきて、ヒアルロン酸を補給するための様々な商品が販売されるようになりました。

化粧品として肌に直接塗布するものがありますが、効果としては経口サプリメントで体内から吸収するものの方が効果が高いようです。

年をとったら肌が荒れてくるのは当たり前というのは過去の話です。今は前述の方法で肌の潤いを長年にわたって保つことができるのです。あきらめずに挑戦しましょう。
posted by 暮らしの情報 at 23:13 | 健康管理

外反母趾の対策

ハイヒールや幅の狭い靴をはき続けることで外反母趾になるリスクが増えることは多くの方が知っていることと思いますが、適切な対策をすることで予防することができます。

まず何よりも足先に負担のかからない幅広の靴をはくことが推奨されるのですが、外反母趾を予防する色々な道具が販売されています。

外反母趾対策の靴の中敷き、靴下、ストッキング、外から家に帰った後に足先をストレッチングするための器具もあります。これは親指を外に広げて外反母趾になりにくいように矯正するために使います。

一旦外反母趾になると歩くのが辛くなるほか、治療にも時間がかかります。行動が制限されると精神的にも滅入ってしまい良いことはありません。外反母趾にならないように予防措置に心をくばりたいものですね。
posted by 暮らしの情報 at 12:02 | 健康管理

韃靼そばで健康生活

そばが体にいいのはよく知られていることですが、そばの中でも韃靼(だったん)そばは特に健康に良い成分が豊富に含まれています。

韃靼そばの一番の特徴はルチンを多く含んでいることです。ルチンは高血圧の改善や血糖値を下げる効果があります。韃靼そばはこのルチンを普通のそばの約100倍含んでいるのです。

韃靼そばには独特の苦味があるのですが、これはルチンを大量に含んでいるためです。韃靼そばは紫外線の多い高地で栽培されるため紫外線から自身を守るために抗酸化物質であるルチンを多く含むようななったと言われています。

韃靼そばにはルチンの他にも食物繊維やミネラルも普通のそばより多く含まれています。独特の苦味もまずいというものではなく大人の味という感じで、普通のそばの味よりもこちらの方が好みという方もいるくらいです。まだ食べたことの無い方は是非一度お試し下さい。
posted by 暮らしの情報 at 07:47 | 健康管理

野菜を食べて生活習慣病予防

生活習慣病は偏った食事や運動不足によって引き起こされます。食事についてはバランスの良い食事を心がけることが大切なのですが、特に意識しないと野菜が不足がちになります。

意識して野菜を食べるようにすると自然とバランスがとれた食事内容になるようです。野菜の必要量ですが具体的には1日350グラムとることが理想とされています。

小さめの皿で朝食に1皿、昼食と夕食に2皿ずつ合計5皿食べるようにすると大体350グラムになります。また、野菜は一つの種類だけではなくできるだけいろいろな種類の野菜を食べるようにしましょう。緑黄色野菜1に対して葉物野菜2の割合が推奨されています。

野菜をたくさん食べることで食物繊維の効果によって腸を健康に保つことができます。大腸ガンの予防に大きな効果があります。健康維持のために努めて野菜を食べたいものですね。
posted by 暮らしの情報 at 03:20 | 健康管理

肥満と睡眠の関係

肥満が気になっている方も多いと思いますが、食習慣や運動不足と肥満の関係は昔から言われ続けていますが、最近、睡眠時間と肥満が関係していることが分かってきました。

睡眠時間が6時間以上の人と、5時間以下という人を比べると統計的に睡眠時間の短い人のグループに肥満が多いことが分かったのです。

これは睡眠時間が短いと食欲を刺激するホルモンが多く分泌されるためと考えられています。このホルモンの影響でたくさん食べてしまい、その結果肥満になりやすくなるのです。

また、肥満が進むと睡眠時無呼吸症候群になるリスクが増大し、その結果眠りが浅くなって、また食欲を刺激するホルモンが分泌され、より肥満になるという悪循環に陥る恐れがあります。

現代は忙しくて寝る間も惜しんで仕事をするという方も多いでしょうが、適度な睡眠をとることがとても重要であることを認識していただきたいと思います。
posted by 暮らしの情報 at 21:33 | 健康管理

大腸ガンの予防

近年日本人に大腸ガンが増加する傾向がみられます。これは食生活の変化によるという説が有力で、食事が欧米化して脂肪の摂取量が増え、逆に食物繊維の摂取量が減少していることが大きな要因のようです。

良く焦げた肉や魚を食べると大腸ガンになる恐れがあると言われますが、焦げについてはかなり大量に摂取しない限りガンになるほどの影響は与えません。それよりもむしろ油脂の摂りすぎ、塩分の摂りすぎの方が大腸ガンの原因になりやすいのです。

大腸ガンにならないようにするにはまず、油などの脂肪分を控えることです。全く油を摂らないというのも体にとってはあまり良くないので、ほどほどにバランスの取れた食事を心がけると良いでしょう。

そして食物繊維を積極的に取り入れることも重要です。1日に20グラムから25グラムの食物繊維を摂ることが必要とされています。

まだ医学的な解明はされていませんが運動をすることで大腸ガンになりにくくなるという統計結果が出ています。運動することによって腸の働きが活発になって排便がスムーズに行われるためではないかと考えられています。

以上のことを参考に、食事と運動で健康を維持し、楽しい毎日を過ごせるように心がけてください。

posted by 暮らしの情報 at 02:31 | 健康管理

西瓜糖でカロリーコントロール

血糖値が高くて食事制限をしている方は特にカロリー摂取量に気を付けていると思います。

砂糖の糖分はカロリーが非常に高く、変わりに低カロリーの人工甘味料を使用している方が多いと思います。

ただ、人工甘味料は甘みが独特であまり、おいしいとは言えないのが現状です。

ハチミツを使うのもカロリーが比較的少なくて良いのですが、最近注目されているのが西瓜糖です。これは西瓜を煮詰めて作ったもので、カロリーが低く栄養成分が多いのが特徴です。

また、西瓜糖には高い利尿作用があり、老廃物を体外に速やかに排出することで体の健康を改善、維持する働きがあるのです。

西瓜糖はいろいろな物が市場に出回っていて、昔ながらの製法で浸かられた物から、エキスを抽出してサプリメントにしたものなど様々です。それぞれのニーズに合ったものを選んで取り入れてみてはいかがでしょうか。

posted by 暮らしの情報 at 13:46 | 健康管理

血糖値が気になる方に豆鼓をお勧め

健康診断などで血糖値が高めと診断された方に是非お勧めしたいのが豆鼓(とうち)です。

豆鼓とは大豆を麹で発酵させた食品で、中国で古くから食品として、また、調味料としても利用されてきました。

日本で食材としてはなかなか手に入りにくい物で、調味料としては豆鼓味噌などが売られていますが、これを普通の食品のように摂取することは難しいです。

効果的に摂取するにはサプリメントを利用するもが最も手軽で、成分が濃縮されているので高い効果があります。

生活習慣病予防のためにも血糖値が気になるという方は試してみてはいかがでしょうか。
posted by 暮らしの情報 at 13:06 | 健康管理

鼻を洗浄して快適生活を

毎日の習慣としてほとんどの方は歯磨きをすると思います。また、風邪の予防としてうがいをする方も多いと思います。

健康管理の上で歯磨き、うがいは大切なことですが、鼻の中を清潔に保つことも重要なことなのです。

呼吸する上で鼻はフィルターの役割を持っていて、空気中のゴミなどが体の中まで入っていかないように鼻毛や粘膜で防いでいます。

つまり、鼻はこのような外部からの異物に常にさらされているので細菌などが繁殖しやすいのも事実です。鼻水がさらさらなのは正常な状態ですが、ねばねばして青緑色になるのは細菌が繁殖している証拠です。

鼻を清潔にするには食塩水で洗うのが効果的ですが、専用の道具がないとなかなか難しいものです。

鼻を洗浄するには鼻洗浄器を使用するのが最も簡単で効果的だと思います。丁度、電動歯ブラシのような形状をしたもので、食塩水をタンクに入れて使用します。

鼻洗浄器の使用感は特に痛みもなく、マッサージ効果もありとても快適です。使用後は鼻が驚くほどスースーと通るようになり、とても爽快な気分になります。

健康維持のためにも鼻の中を生活に保つことは大事なことです。鼻洗浄の習慣を身につけてはいかがでしょうか。
posted by 暮らしの情報 at 05:25 | 健康管理

ビタミンAで抵抗力をつけましょう

ビタミンAは皮膚や粘膜を正常に保つ働きがあり、目の働きを良くする効果もあります。また、呼吸器系の病気に対して抵抗力をつける効果もあります。

ビタミンAは一般的に直接摂取することはなくβカロテンやレチノールといった食品に含まれる成分を取り入れ、体の中でビタミンAに変換されることで摂取されます。

βカロテンが含まれる食品としては人参、かぼちゃ、春菊、ほうれん草、モロヘイヤといったものが代表的な食品です。

一方レチノールはうなぎやレバーに多く含まれています。ただし、レチノールは摂取しすぎると疲労、睡眠障害、肌荒れ、食欲減退といった副作用を引き起こします。しかし、ご安心をうなぎやレバーといった食品から摂取する限り、どんなに満腹になるまで食べたとしてもこの副作用を引き起こすほどのレチノールは摂取できません。

気をつける必要があるのはサプリメントなど、レチノールを濃縮したものです。これは摂取量を気をつけないと場合によっては過剰症を引き起こしかねません。サプリメントを利用する場合は用法を良く守ってください。
posted by 暮らしの情報 at 01:39 | 健康管理

体組成計で健康管理を

自分が肥満かどうかを身長と体重の関係で判断している方が多いと思いますが、この方法はある程度の目安にはなりますが、肥満の詳しい判断はできません。

肥満の種類には内臓脂肪型と皮下脂肪型に分けられます。内臓脂肪はつきやすく取れやすいという特徴があります。皮下脂肪はその逆です。

体組成を測定することによって自分の体を構成している要素を詳しく知ることができます。

体組成の測定は少し前までは大がかりな装置で行う必要がありましたが最近は手軽な装置で測定できるようになりました。

体組成を測定すると、以下の要素が分かります。
1.皮下脂肪の量
2.内臓脂肪の量
3.筋肉の量
4.水分量
5.骨量
6.基礎代謝量

以上のことが分かることによって、自分にあったダイエット方法が分かります。例えば脂肪が多い割に、筋肉量が少なければ、ただ単に体重を減らすのではなく、脂肪を減らして、筋肉を増やすという方法をとる必要があります。

また、筋肉を増やすことで脂肪を燃焼しやすくする相乗効果が生まれます。

それと基礎代謝量が測定できる点も重要な要素です。これによってどの位カロリーを摂って、どの位運動すればよいか見当が付けられます。

体組成計は市販されているものもありますが、スポーツジムなどに備えられている場合が多いので、そういった施設に入会して利用するのもいいでしょう。
posted by 暮らしの情報 at 21:21 | 健康管理

ウコンの効果

ウコンにはクルクミンという成分が含まれていて、肝機能を改善する効果があります。

また、強い抗酸化力を持っていてコレステロールの蓄積を防ぐ効果も期待できます。

クルクミンはウコンの中でも秋ウコンに多く含まれています。春ウコンにはクルクミンが少ししか含まれていないので、肝機能を改善したい場合は秋ウコンを摂るようにしましょう。

食事で効果が出るほどのクルクミンを摂取するのは難しいのが現状です。ウコンそのものを食べるのは現実的には大変です。

一般的にはサプリメントで摂ることが効果的です。特に錠剤タイプなら持ち運びにも便利で、いつでも飲むことができます。

お酒をよく飲む方にはもちろんですが、ストレスの多い方にもお勧めです。肝臓はアルコールだけではなくストレスによっても機能が低下することがあるからです。

ストレスの多い現代社会にウコンはとても有効な食品です。
posted by 暮らしの情報 at 01:45 | 健康管理

ダイエットサプリメント

ダイエットをしようと考えている人は多いと思いますが、なかなか実践するのは難しいものです。

食事制限、運動など方法は様々なのですがきつ過ぎて途中で挫折することが多いようです。

ここで注目されているのがダイエットサプリメントです。一口にダイエットサプリメントといっても実にいろいろなものがあります。

カプサイシンによる脂肪燃焼効果を狙ったもの。カルニチン、コエンザイムQ10などで体をより正常な状態へもっていって代謝を改善することでダイエットへ結びつけるもの。また、低カロリークッキーなどは満腹感を味わいつつカロリーを低く抑えるというものです。

こういったサプリメントを利用することで、負担を少なくしてダイエットを実現させることが可能となります。

ただし、ダイエットを成功させるには、それに向けた強い意志が必要不可欠です。ダイエットサプリメントはあくまでもそういった意識と行動を補助するものであることをお忘れなく。
posted by 暮らしの情報 at 00:30 | 健康管理

発酵食品で健康維持

私たちは必要な栄養素をいろいろな食品から摂っています。ただ、スーパーなどで安く売られている野菜の多くは温室栽培や化学肥料を多く使っているために本来含まれているはずの栄養素が少なくなっているのが実情です。

食品から栄養素を摂ることができなければサプリメントで摂取するという選択肢がありますが、こういったサプリメントに抵抗を感じている人も少なくありません。

そこで発酵食品に目を向けてみましょう。代表的なものとしてはチーズ、ヨーグルト、納豆といったものです。キムチも乳酸発酵を利用した発酵食品です。

発酵食品はその原材料となったものに比べて栄養価が高くなることが研究データによって分かっています。

例えばチーズ100グラムに含まれるカルシウムは牛乳6リットル分に相当するというデータがあります。

納豆についても同じで大豆そのものを食べるよりも栄養価が高くなるのです。

毎日の食卓に発酵食品を積極的に取り入れて健康的な食習慣を身につけましょう。
posted by 暮らしの情報 at 06:50 | 健康管理

もろみ酢で疲労回復

もろみ酢は沖縄特産の長期間熟成させた酢ですが、近年疲労回復にとても高い効果があると注目されています。

もろみ酢には一般的な米酢と同じようにクエン酸が含まれていますが、その含有量は米酢の5000倍というデータが発表されています。

また、体の中で作り出すことができない必須アミノ酸9種類が含まれていることはいうまでもなく、他の有用なアミノ酸も多く含まれています。

以上のことから疲労回復の他に免疫力を高めたり、老化を抑制したりといった効果も期待できます。

最近は持ち運びに便利なサプリメントも販売されているので、手軽に摂取することができます。

酢は苦手という方もカプセルになったサプリメントなら気にせず飲むことができます。

健康管理の手段の一つとして検討してみてはいかがでしょうか。
posted by 暮らしの情報 at 00:07 | 健康管理

ケフィアで健康維持

ケフィアとはヨーグルトの一種なのですが、ヨーグルトが単一の乳酸菌で発酵させるのに対してケフィアは乳酸菌の他に酵母で発酵する共生発酵という現象によって作られます。

ケフィアは普通のヨーグルトに比べて共生発酵というより自然な発酵方法でできることから体に対する健康維持効果が高いと言われています。

もちろん一般のヨーグルトと同様、牛乳を飲むとおなかがごろごろするといった人でも大丈夫です。おなかがごろごろするのは牛乳の中に含まれる乳糖が原因なのですが、ヨーグルトやケフィアにはこの乳糖は含まれていません。

ケフィアはそのままの形で食べるものよりカプセルなどに入ったサプリメントとして売られているものが多いようです。これだとお出かけ先に持って行って手軽に摂ることができますし、ヨーグルト嫌いな人でも大丈夫です。

ケフィアを摂る習慣を身につけて疲れにくい健康な体を手に入れましょう。
posted by 暮らしの情報 at 18:05 | 健康管理

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。