火災に対する備え(火災センサー)

火災に対する備えとしてほとんどの家庭には消化器が備えてあると思いますが火災センサーとなると少ないと思います。

しかし、消防法の一部改正により平成18年6月1日から新築住宅については火災センサの設置が義務化されました。

また、既存住宅についても自治体毎に設置期限が設けられて、順次設置することが義務づけられています。

火災センサは温度を感知するタイプと炎を感知するタイプがありますが、炎を感知するタイプの方がより初期の段階で作動します。

また、火災センサの電源については100V電源から供給するものと、電池式のものがあります。当然のことながら電池式の方が特別な工事もいらず簡単に設置できるのですが、電池交換などのメンテナンスが必要なことや、実際の出火時に電池容量不足で十分に動作しなかったということになりかねないので、安心の面から考えると工事費がかかっても100V電源供給型の方が良いと思います。

消防法では火災センサの設置義務は室内だけになっていますが、火災原因のトップは放火です。放火に対応するための外壁部分に設置する火災センサもメーカーから発売されています。これは炎を感知するタイプで炎から出る特有の紫外線を検出します。ライターやマッチの小さな炎でも検知するので犯人がライター等を点火した時点で感知して警告音を出すことで放火を防ぐ効果があります。

最近はホームセンターでも取り扱っていますし、専門の業者も多いので詳しいことは業者から直接聞いたり、資料請求するなどして納得のいく火災センサを設置しましょう。
posted by 暮らしの情報 at 06:29 | 暮らしの安全

地震対策(家具の固定方法)

地震対策において家具を固定しておくことはとても有効な手段ですが正しい方法で固定しないと十分な効果を発揮しません。

L字型の金具をネジ留めで固定する方法がありますが、固定する壁にネジ留めできる木部があることを確認する必要があります。これが無い場合はトグラーという部材を壁に打ち込んでネジを固定する方法がありますが壁の厚さや材質に十分な強度があるかが問題になります。

どうしてもL字金具で対応できない場合はベルト式の留め具があります。これは家具の上部と建物の丈夫な梁とをベルト状の留め具でつないで固定する物です。これだと壁に固定ポイントがなくても取り付けられます。

手軽な方法として突っ張り棒で固定する方法がありますが、これも壁固定と同様、天井に十分な強度がないと効果が出ません。何もしないよりはましですが、天井の強度の高い部分を探して固定しましょう。

もう一つ家具を固定するものとして耐震パッドがあります。これは家具の底面と床の間、もしくは背面と壁の間に貼り付けるものです。かなりの震度まで耐える効果があります。金具で固定する方法と組み合わせると更に高い効果を発揮します。
posted by 暮らしの情報 at 00:03 | 暮らしの安全

防犯ガラス

泥棒対策としてガラス窓に防犯フィルムを貼るという方法がありますが、防犯ガラスはガラス窓そのものが防犯仕様で設計されたものです。

防犯ガラスはガラスとガラスの間に強力なポリカーボネート板などを挟み込んだ物で、防犯フィルムよりもはるかに高い強度を持っています。

強度によって様々なタイプの製品がありますが、比較的強度の低い物でも普通のガラス窓に後からフィルムを貼った物よりは高い強度があります。

また、防犯性だけでなく断熱などの快適性を併せ持ったペアガラスタイプの製品もあります。

もちろん一般の窓ガラスよりは価格は割高ですが、安全のための投資と考えれば決して無駄な買い物にはならないと思います。
posted by 暮らしの情報 at 00:33 | 暮らしの安全

防犯フィルムで泥棒対策

泥棒が家に侵入する手口の6割以上が窓ガラスを割って侵入するというものです。特にクレセント錠の部分のガラスを割って錠をはずして入る手口が多いようです。

この対策として窓ガラスに防犯フィルムを貼り付けることが高い効果を発揮します。耐久性の高い透明なポリエステルフィルムを強力な接着剤で貼り付けることでガラスが割れても簡単に貫通することはできません。

泥棒は侵入するのに5分以上かかるようだと諦めるというデータがあります。防犯フィルムを貼った窓を破るには確実に5分以上を要するので泥棒撃退の効果が十分に望めます。

また、防犯フィルムは泥棒対策だけでなく、子供が誤ってガラス窓にぶつかったりしてもガラスが飛散しないので安全を保てますし、台風や突風によるガラス破損を防ぐ効果もあります。
posted by 暮らしの情報 at 00:16 | 暮らしの安全

置き引き対策防犯アラーム

お出かけの時にカバンを持ち歩く方は多いと思いますが、常に手に持っていることはなかなか難しいと思います。

どうしてもカバンから離れなければならないときコインロッカーがあればいいのですが近くに無い場合、置き引き対策防犯アラームという物があります。

これは本体とリモコンで構成されていて本体をカバンに取り付けてリモコンは使用者が身につけておきます。アラームをセットしておけば振動が加わったり、取り付け用のワイヤーが切断されたときに大音量のアラームが鳴り響きます。

また、置き引きだけでなくひったくりに遭ったときにリモコンを操作してアラームを鳴らすこともできます。
posted by 暮らしの情報 at 08:53 | 暮らしの安全

携帯型防犯ブザー

最近は犯罪件数が上昇する傾向にあり、日本が安全な国という印象は次第に弱くなってきています。

このような中、子供や自分の安全を守るために最も手軽な物が携帯型防犯ブザーです。

携帯型防犯ブザーとは手のひらに収まるくらいの大きさですがピンを引き抜くと大音量を連続して発するものです。

機種によって音量が不十分な物もあるようなので、サンプル品で確認できるような店で購入することが望ましいです。

また、防犯ブザーはとっさの時に使用できるようにズボンのベルトなどに取り付け、片手でピンを引き抜けるようにしておきましょう。

子供のランドセルに取り付ける際はランドセルの横に付けると子供の手が届かない場合がありますので、肩ひもの前など子供の手が容易に届くところに取り付けましょう。
posted by 暮らしの情報 at 08:32 | 暮らしの安全

災害時の持ち出し品

地震や津波などの災害時に備えて非常持ち出し品を準備しておくことが重要ですが、なにを用意したらいいのでしょうか。以下に必要と思われるものを上げます。

1.懐中電灯
2.ラジオ
3.ロープ
4.レジャーシート
5.ローソク(長時間タイプのもの)
6.ライター
7.はさみ、ナイフ
8.折りたたみ式の水タンク
9.履き物
10.軍手
11.非常食
12.衣類

これらの物をリュックに入れておき、災害時にすぐに持ち出せる場所に置いておきます。

また、リュックはこれ以外の物も後から入れられるように余裕のあるサイズのものがいいです。

非常持ち出しとしてセットになったものも販売されていますのでそういったものを購入するのも良いと思います。


posted by 暮らしの情報 at 06:58 | 暮らしの安全

家具などの地震対策(耐震パッド)

日本は地震が多い国なので地震対策には万全を期したいと思っている人は多いと思いますが、実際に行っている人は意外と少ないようです。

家具を金具で固定するのは結構手間がかかりますし、固定する箇所や方法によっては十分な効果が得られないこともあります。

これに対して手軽にできて効果が高いのが耐震パッドです。これはEVAという素材を使ったパッドを家具や電化製品の底面や背面に貼り付けて耐震効果を発揮させるものです。

とても簡単ですが正しく貼り付ければ震度7までの揺れに耐える設計になっています。

ただし、貼り付けた場所の強度が弱かったり、でこぼこした面に貼り付けたりすると効果を発揮できませんので使用するときは説明書を良く読んで注意しましょう。
posted by 暮らしの情報 at 00:58 | 暮らしの安全

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。